[日本維新]馬場幹事長「『がん対策法改正案に反対している』と言うのは誤報である」定例記者会見 2016.11.8

・11/6富山市議会補選の結果について
「がん対策法改正案に維新が反対している」と言うのは誤報である
など

https://youtu.be/-p4dSaByJQI?t=2m19s

(タイトルのシーンから再生します)

この記事が、その誤報の一つ??
維新の消極的動きで審議できず…がん対策基本法改正案、患者団体が全議員に要望 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

こちらもオススメ
空港・基地・水源が危ない!(中国人でも構わない)外国人に土地を売りたい日本人、急増中! – 橋下維新ステーション

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案
※維新の全国会議員は、歳費の20%(計468万円)を毎月被災地に寄付しています
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    現状日本では国内的に3人に一人は癌になるリスクを持っていると言われている。
    死亡原因でも非常に高いのが現状。
    これは本気で何とかしなければならん。
    そこでですが、
    ★癌になりたくない方、
    ★癌が検診で見つかった方、

    ★各種肝炎ウイルスに感染し、その治療を現在受けだしている方、
    また、
    ★もうすでに癌が進行、再発、増殖が進みだしているという方、
    それによって、各種がん治療の抑制剤を医師より処方してもらっての細胞増殖抑制の治療を受けられている方、
    ★ガン患部切除の手術後の、再度の再発を起こさないようにされたい方、

    次のことを、
    こんなことをされてみてはいかがですか?
    まあ騙されたと思って、次のことを一度試されてみてはいかがですか?

    【私の実践報告】ですが、(私は現状まで癌にはなって居ません)

    体内に存在しだした、
    また既に体内に存在している肝炎ウイルス、及び癌細胞を何とか撃退、影も形も体内から消滅させたい、そう思われている方。

    これには、
    これら癌細胞自身が、及び肝炎ウイルス自身が、これらが自分自身で、その体内に留まって居てることをそれをとにかく嫌がるように、彼らが一番嫌がる方法、手段、手法を、これを徹底してやることですね。

    癌細胞と肝炎ウイルスについて、彼らがその体の中にいてると心地いいなあなどと、そうは思わせずに、ここには居たくないと、そう思わせるように持っていく。

    どうやれば彼ら癌細胞や肝炎ウイルスがその体内に居続けてることを嫌がって、この体の中から一日でも早く外に出ていきたいと思うようにするのか、
    こんな居辛い、苦しいところに、こんな住みにくいその身体のところには俺たちは今すぐにでも外に出ていきたい、居たくないと、居たくないと思わせるようにするのです。
    ここを考えてみることです。
    では具体的に何をやれば、何をすれば彼ら癌細胞、肝炎ウイルスがこの病原体がその身体で住み続けることを一番嫌がるのか。

    体調に悪影響なく、しかも副作用は無論そんなものもなく、しかも治療らしきものも現状受けている医師からの処方箋の薬剤だけ続ける。

    安価で手間もかからずに、癌細胞や肝炎ウイルスを自分の身体から撃退できそうな内容、それがなんとかできそうな内容を、私の持論ですが、今日は書いてみます。

    肝炎ウイルスが一番嫌がる内容は、彼らが自由に体内で生存、そのエキス物質の傍には近づけない物質、そのエキスの傍ではそのエキスの持つ苦みの成分がウイルスにとってそばにも寄りたくないほど嫌なもので、そういう環境を体内で作られるとウイルスらはその場所にいてることも苦しくなりだし嫌で辛くなりだし、増殖をほぼしたくもないし、できなくなりだし、たちどころに嫌がってその体内から遠ざかっていったり存在をやめることを選び出す。
    肝炎ウイルスや癌細胞が気持ちよく居られなくする。
    つまりそこに居てることが嫌になってくる、周り中が柑橘類のあの皮が出す苦みの成分、このエキスが体中に蔓延しだすと癌細胞も肝炎ウイルスもいてることが苦しくなり出し自然と体外に出て言ったり自然と増殖が出来なくなり出し自発的に肝炎ウイルスや癌細胞が自分で自分を細胞増殖を縮小し、彼ら自身が自分で自滅で自爆して消滅していく。

    柑橘類で注意点として、
    ★一番いいのは、
    日本国内産での柑橘類を使うこと。
    普通の、
    ミカン、巣立ち類、ボンタン、レモン、夏みかん類、ネーブル、八朔、伊予ミカン、グレープフルーツ、梅、

    これら柑橘類の皮を分厚い目に皮を包丁で剥き、それを手鍋に入れてゆっくりと沸騰するまで沸かし火力を弱めてしばらく煮沸騰をさせながら弱火にて沸かし続ける。

    これはミカンなどの酸味の強い柑橘類の、あの皮の裏部分の白い薄皮の苦いところ、ここに存在するエキス。
    これをその病気の患者さんの口に入れて、出来れば一日中これを飲料として食すことが一番効果があります。一度に200CCぐらいで一日に2時間毎ぐらいにその都度100CCから200CCを常に口に入れて飲み干す。
    一気に沢山の量というのではなくて、一日に何度にも分けて少しづつを常に一日中24時間、このエキスが体内で途切れさせないで常にこの苦みのエキスが体内で存在しているように、血液中に存在して途切れないようにし、一日最低でも6度以上に分けて口に入れて飲む。
    心臓に水がたまったり肺に水がたまったりの持病のある方とか、腎臓等での水分量の制限調整を医師から言われている方は別として、肝炎ウイルスや癌で現在治療が旨く効果が出ないとか、まだ癌になり初めだとか、手術後の再発を心配な方や、肝炎ウイルスによる罹病でウイルスがなかなか抑えられずに治療に苦しんでいる方、ウイルスによる病気の進行での肝硬変や、肝臓がん移行を心配されている方、またもうすでに肝臓癌になってしまっている方、苦しんでいる方は、まあ騙されたと思って一度試してみてください。
    ちなみに、肝炎ウイルスに感染したりしてこのウイルスをすでにもともと体内に陽性で持っている人でまだ具体的に肝臓病を発病をしていない人、また、もうウイルスが活性化しすでに発病している人、すでに発病している人は、この人たちにはすぐに自分で解る症状が出てきます。

    これは自分の首から上の位置になる皮膚全体、つまり、耳の辺り、顎を含む顔の表面、これらを手で触ってみてください。
    特に鼻の頭周辺部分、顎の首辺り、額の部分、耳の裏表での周辺の皮膚、
    ここのこれらの部分が常に脂ぎってきます。いつ触ってもべとべとしてぬるぬるしだします。
    風呂に入ってすべてをごしごし洗って、顔から首から耳に至るまで徹底的にすっきりと油分をすべて取り除いて風呂から出てきて、もう大丈夫だと思っていると、でも30分もすれば、暫くするとすぐに額の部分が”てかり”始め、首から鼻の回りの周辺の皮膚面がぬるぬるしだし、耳の周辺がまたすぐに触って撫でてみると、再度ぬるぬると油でべたついてきます。
    レストランで顔ごとおしぼりですっきりと折角拭いたはずが30分もすると額の周辺がてかって光りだします。
    鼻の周辺とか額も触るとぬるぬるしてきます。

    この症状が出だしたら、これは婚宴ウイルスが、肝臓の数値に異常が出てきている証拠です。

    肝臓が悪くなると、よく、目の白い部分が黄色くなるなどと言いますが、もうそこまで行くとかなり重症です。
    書いたのは、その手前で肝臓の異常を自分で気付く方法です。
    眼が黄色くなるそこに行く前に、顔周辺の皮膚が、べっとりしてきだして来て皮膚がぬるぬるとしだしてきます。濡れタオルなどできれいにしっかりと顔の皮膚の表面のぬるぬるを拭き取っても、30分ぐらい経過後で再度そうなります。
    そうなると肝炎ウイルスを持っていてでも発病せずにただ持っているだけというのではなくなっています。
    抗体をもって陽性というだけではなくて、そこまでだけでは収まらずに、肝臓病がすでに発病し、体内では急激に加速して増殖しウイルスが活発に活動しだした証しです。
    発病しています。
    治療が必要な状況の兆しです。

    普通は、既にこうなってから、それを放置させている間にそのうちに次の段階に進展し足がむくみ、目が黄色くなります。
    こうなるとかなりきつい状況になってきています。
    こういう状況になりたくないなあと思っている方は一度この柑橘類の皮を直接食べてもいいしそれが苦くてダメであれば沸かして皮を煎じてそれを毎日飲んでみればウイルスは非常に嫌がりますし癌細胞もものすごく居辛くなりだします。

    注意点は一つだけ。
    血圧を下げる薬剤を処方されているg病気の方はこの方らの場合には柑橘類のほとんどはいいんですがグレープフルーツだけはこの血圧の硬化剤にはよくないそうですので血圧を下げる薬を飲まれてる方は、グレープフルーツ以外の他の柑橘類も皮を煎じてその溶液ごと出来たら皮も一緒に口に入れて食べたり飲まれるといいと思います。

    この柑橘類の皮の部分に存在するこの苦みの部分、これを皮ごと手鍋に入れて水から沸かし煮立てて(あまり強火でなくじっくりと煮沸騰)その後冷まして置いておく。
    それを一日何度かに分けて暫時数回飲むことをお勧めします。

    3か月ぐらいで大体効果が出てきます。
    早ければ2か月目ぐらいでウイルスの数値については激減しだします。
    癌については殆ど縮小しだして来て、大きさがしぼんできて縮小しだします。
    一度騙されたと思って試されてはいかが。
    私の実態実行による効果から出てきているものです。

    これをやったからと言って、困ることはほぼありませんし、お金もほぼ要らないし、薬剤でもないので苦痛もないし、副作用もないし、何の辛いこともありません。
    効くことはまず間違いないと思えます。
    実際にやって30年間これがあったから今が元気ですから。
    私の担当の意思はびっくりしてましたし循環器病センターの内科部長も当時びっくりしてました。
    【即刻で入院で放射能治療かインターフェロンで集中的に治療をせなあかんはずが、私が初めて君の身体を診察してからあれから何の治療もせずにどうやってここまで治したのか教えてくれ!、何をやったのか!、わずか1か月半でここまで治るのが意味が解らん、何でこんな治ってんねん、君は何をやってあれだけあった1000を優に超えるウイルスの状況を、瞬間でこんな正常に戻したのは何をやったのか!】って。
    そう聞かれたことがあった。
    当時の身体の病状は、立つことも体がだるくて一切自分で歩くこともできないほどに、腕さえも辛くて上にあげられないほどにだるい状態であった。
    そこまで病気が進んでいた。
    その私がたまたま知り合いで面識があった日本循環器病センターの内科の医師(今の皇太子殿下を当時の美智子妃殿下の出産時に直接お腹から取りあげた担当医師だった東京のあの医師とは、この循環器病センターの内科部長だったその教授は、実は仲がいい連れ同志だった、皇太子を取り上げた時の話をその医師は良くしていた)からは、

    【すぐに入院しろ!わしが治してやるから、入院の手続きをするから】と言われたが
    【いや私は持論があってウイルスは自分で或る方法で消してみる、殺してみるからしばらく自分の持論通りでそれで撃退でやってみるから】と言って一切の治療という者はその時何にもしなかった。

    体は動かないほどの弱っていて、ぐったりはしていたが、家に帰って来て、そこから徹底的に柑橘類をもう二十四時間続けざまに休むことなく、目が覚めれば柑橘類をとにかく武者ぶるように口に入れ通しでやってみた。
    その状況で、とにかく動かずに寝たきりで1か月以上を過ごした。

    これでやったら、当時すぐに嘘のようにウイルスは消えてしまった。

    肝臓数値は1か月半後位に再度病院を訪れ、同じ医師に、血液検査をやり、循環器病センターで診察を受けた。
    肝臓の数値が、健康そのものの数値に突然に戻った。
    何の異常なものが一切出てこなくて、殆ど正常で何の問題もないという状況になった。

    それ以降、あれからもうここ30年近く、あれ以来この柑橘類の皮を煎じたものを飲んだり、皮を食べたりでいるからか、あれ以降今ではウイルスはいつ検査をやっても未検出とされ、一切検出さえされていない。
    元々は50年ほど前の段階で献血の時に陽性になっていたのでウイルスは或ることは当時解っていたんだが、中年になってからだんだんとだるさという症状が出だして10年間ぐらいでとうとう最後は自分で立つことも歩けないほどにまで症状が出だして来ていた。それが一瞬のわずか1か月半ほどの間の柑橘類の皮を食すことで、その病気が治癒してしまった。
    これを皆さんも一度試されたらいい結果が出るかも。

    ★癌細胞の撃退と、
    ★肝炎ウイルスの撃滅撲滅には、
    酸味と苦みの強い柑橘類の皮を食べるか煎じて飲む、これが一番いいと思っています。

    世の中の人から、癌の病気と、肝炎によるウイルスからの肝硬変肝臓がんがなくなることを願っています。