「橋下さんの都構想が分からなかった大阪の市民はバカよ」デヴィ夫人(関西人1000人が選ぶ・政治家になって欲しい有名人ランキング)

胸いっぱいサミットから・・・
(良い所を上げてくれてます)

東国原氏も出演

※残念ながら動画は削除されました・・・

31日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)でデヴィ夫人が、東京都知事に橋下徹氏を推す一幕があった。 番組のオープニングでは、東京都知事・舛添要一氏の後任候補として松岡修造を待望する声があると伝える日刊ゲンダ
スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案
※維新の全国会議員は、歳費の20%(計414万円)を毎月被災地に寄付しています
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. より:

    「(政治家になる?)無い無い」言いながら「党首から電話かかってきた」とかしれっと暴露して値打ちこくという。。。
    昔は好感のもてるタレントさんやと思ってたんですけどね・・。

  2. 仲井 より:

    これらの連中も、
    日本で、テレビで、この調子でモノが言えても、
    奴らの祖国ではそうはいかない。

    北野武が作った映画「血と骨」ではないが、
    武扮するあれの主人公が、
    生野の日本の朝鮮人住宅地域で暴れ放題で地域ではその時期の一世を風靡するほどに小銭を稼ぎ、それを持って悠々と北朝鮮に帰りたいと申し出たら、金日成は両手を広げて、歓迎すると言ってくれた。
    彼はこれに感激した。帰国を許されたからだ。
    一切帰国が認められなかった時代、優遇されて帰国が許されたと思い込んだ彼は大喜びで有った。
    だが金日成の目的はこの男が必要ではなくて、奴が抱え込んで祖国に持って帰ってきてくれるこの大金が、この金がもろ手で泡で入ってくることだけが目的だった。
    この男など一切必要もなくて、わざわざ海まで渡って祖国にまでもってかえってきて進呈してくれるこの日本で無法状態で奪い取って稼いだ奴のこの金だけが、これがほしかっただけ。

    現在に直せば、日本円で7000万円ほどもの大金を荒っぽく無法状態で日本で稼ぎ、それを祖国に持って帰りたいと、夢にまで見た祖国へ帰れると、日本円を抱えて帰国ができた。

    祖国に帰還帰国を許され帰っていったら、その瞬間にその彼が持って帰った金は祖国の要人が、「この金は金日成首領様への献上金」ということで、全額没収され、奪われ、それでも、その後いい状況で祖国では歓待され、待遇もいい状況で暮らせるものだと思いきや、全く当ても外れ。
    身柄はそのまま連れていかれ、厳寒の朝鮮半島北部地域、北の北朝鮮の海岸の吹きっさらしの砂浜の浜辺で火の気もないところに存在する角材と”むしろ”で出来上がってる掘っ立て小屋の中で、寒風吹きすさぶその場所で、夢にまで見た祖国で一人体を震わせ凍えながら死んでいく。

    彼は祖国では、その実一言もしゃべらされずに、寒風吹きすさぶ浜辺の掘立小屋で死んでいく。
    これはフイクションだが、でもほぼ起きていたことは実話に近いもので、日本に違法に入ってきていた北朝鮮地域出身の或る在日コリアンの男の実体験を再現した形での映画だとされている。
    日本に今いてる北朝鮮系の連中も、日本ではひときわ偉そうにモノを言ってるが、
    これらも祖国に帰ったらあれと同じだろう。
    大阪の生野で、あれだけ大声で叫びまくり地域を恐怖で抑え従属させてきた羽振りと度胸の荒くれさの大きかったこの在日の違法移民の朝鮮民族の一人の男が、大金をぶら下げて意気揚々と祖国に自慢をしようといざ夢に見た祖国へと帰還したこの祖国北朝鮮では、この男も、金日成にすれば、ただの道具であり、使い勝手の良かった品物と同じで、ただの切れ切れの錆付いた針金で有った。
    その一瞬の、金をぶら下げて祖国の地を彼が踏んだその瞬間だけ、その金だけが金日成にはその時たまたま光って見えたというそれだけのことであった。

    日本にいてるこの女も、
    日本では、
    これだけ画面上できゃんきゃん叫んでいるが、この連中らも、帰れば祖国では、自分の目で直に前を見ることすらできないだろうし、おそらく一言もしゃべれずに黙るだろう。
    いや、しゃべることなど許されないのでは?
    もしかすると裸になれとまで言われるかも。
    そういう国だ。
    あの国は、いま現状で人間と認められている者は、それは人間は党首である金正恩ただ一人だけだ。
    ほかの者は舞台化のただの生き物だとしか見ていない。
    そういう組織、軍団だ。

    およそ国などという厳かな者でもなんでもない。
    ただの愚連隊のドロボー集団。

    でも、こういう金正日、金正恩からでも、犬以下のただの息をする生き物にしか見られないような者らが、でもこの日本で、こういう連中が、日本人に化けて見せかけて日本にはもうテレビの中でわんさか存在している。
    テレビ局もそれを容認している。
    つまり奴らも互いが同胞の同じ民族同士。

    祖国は本当はあるんだから、そっちを選んで自らで選択して祖国の本国へと、お前らすぐにでも一日も早いご帰還を願いたいところだ。

    ぜひすぐにでも祖国に帰ればいい。
    日本には要らない人材。

    日頃言っているように祖国に帰って思いのたけで金正恩に対して一言声をかければいい。「北朝鮮にはぜひ交渉で説得を!」って、ここまでいつも言ってるんだから、
    せっかく祖国に帰ったら向こうに帰って奴に「交渉とは!」ってさ、ほんとのところを教えてやれよ!

    【いい加減にしろよ!】
    【節分でもないが、でもおもちゃがいるようだから、日本製だが、子供は鬼の棒でも持って遊んでろ!巻きずしにでも丸ごとかぶりついてろ!】って。
    【東北東に向けてさ。】って。