[日本維新]浅田均【参議院 国会中継】憲法審査会 2016.11.16

浅田均議員の発言から再生します。

https://youtu.be/hafNMWLGK-Q?t=27m49s

後半の委員間意見交換では、浅田議員の発言は無かったようです…

審査会の会長が、あの共産党と仲良しの柳本卓治氏とは…
【大阪W選】共産党系集会に(自民)柳本卓治参院議員が参加 甥の柳本顕氏の支持訴える 自民府連は処分検討(動画有) – 橋下維新ステーション

浅田均議員ツイッターより

(引用)
現代立憲主義の立脚点は「主権者である人民が憲法制定権力者として人権の保障と権力分立ないし抑制・均衡の統治構造を定める憲法典を制定して政府を創設し、立法権を含む政治権力に対する憲法の優位性を確保するために独立の裁判所に憲法適合性に関する最終的判断権を付与する」というもの(佐藤幸治)

このような観点から現行憲法を概観するとき、問題になるのは、本来の憲法制定権力者である日本国民が、直接憲法論議に参加できなかったことであり、また未だに参加できないことである。

現行憲法は、国民主権主義、平和主義、基本的人権の尊重という基本的な価値を国民に根付かせたという点では評価できる。しかし、憲法裁判所や未来志向を欠く等の点で不備があるのも事実。

憲法審査会では、各党・会派がそれぞれの改正原案を持ち寄り、改正の是非を議論すべき。改正に反対の政党・会派は、その都度反対の立場で議論すればよいこと。審査会の議論を進めるべき。

【憲法改正】参院憲法審査会で8会派が主張展開 自民「審議加速を」 民進「まず立憲主義議論を」(1/3ページ) – 産経ニュース

スポンサーリンク

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする