参院選【立憲大物と大接戦】京都選挙区「日本維新の会 公認 くすい ゆうこ」(京都生まれ京都育ち同志社大卒、大阪ガスに勤務ESG推進室長をつとめ子育て介護も経験)

記事を拡げて頂けると嬉しいです

7/10(日)投票 第26回参議院選挙

京都選挙区】(定数2/立候補9)

日本維新の会公認 候補「くすい ゆうこ」が、立候補いたしました!
国民民主党 推薦

(6/23日時点)
公示前情勢調査によりますと「くすい ゆうこ」上位4候補に入り大激戦の状況、あの立憲大物と2議席目を争っています!

野党候補の追い上げも 複数人区は乱戦模様=JX通信社 参院選第3回全国情勢調査(米重克洋) | 日本最大の選挙・政治情報サイトの選挙ドットコム
自民新人の吉井章氏、立憲現職の福山哲郎氏、維新新人の楠井祐子氏、共産新人の武山彩子氏による大混戦になっている。(名前が前にあるほど支持が高い)

「維新・くすい ゆうこ」の支持が伸びれば、十分2議席目で当選できます!是非とも押し上げて下さい!

くすい ゆうこ

54才・新人
[経歴]京都生まれ京都育ち/同志社大学法学部卒/大阪ガスに33年間勤務、ESG(環境・社会・ガバナンス)推進室長

(出典:日本維新の会 参議院京都府選挙区支部長 くすい ゆうこ(楠井 祐子)の公式ベージ)

選挙公報


(画像をクリックすると拡大して確認できるpdfファイルにリンクします)
(出典:参議院議員通常選挙 候補者・名簿届出政党等情報/京都府ホームページ)

街頭演説動画(「参院選第一声」吉村洋文副代表・国民民主党前原誠司代表代行応援)


再生が該当位置から始まらない時は、こちらをクリック

くすい ゆうこ政見放送動画
京都府選挙区 くすい ゆうこ – YouTube

【維新deGO! 】人生深掘り企画!くすいゆうこ編 〜民間での経験を政治に生かします!〜 – YouTube

公式ページ・SNS

日本維新の会 参議院京都府選挙区支部長 くすい ゆうこ(楠井 祐子)の公式ベージ

くすいゆうこ公式チャンネル – YouTube

くすいゆうこ(@yuko_kusui) / Twitter

【公式】日本維新の会京都府総支部,京都維新の会ウェブサイト

日本維新の会 参院選重点政策・特設サイト

画像をクリックすると「日本維新の会 参院選2022特設サイト」リンクします!

「維新」「借金を減らし増税無し」で大阪でやったこと


2022年エネルギー価格高騰による負担増対策水道基本料金4,620円分(3ヶ月分)を無料に
2022年物価高騰下における子どもたち支援策18歳以下に1人1万円、ギフト券配布
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・大阪府大市大統合、学生数約16000人公立大最大規模(大阪公立大学)
・大阪公立大学授業料無償化
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
・地下鉄、ゴミ収集、公営住宅管理、公園管理等、行政でなくても出来る業務は民営化もしくは民間委託、コスト削減を実現しサービスも向上
 など

維新の会は「有言実行」 やると言った事は、確実に実行してきました。 そして、こちらがその改革の数々… (※府は大阪府、市は大阪市) 目次身を切る改革徹底した行政改革子ども教育政策を強力に推進!くらし高齢者施策も拡充、生活...

かつてない危機に直面する日本

物価高・電力不足、防衛力格差は危険だと示したウクライナ戦争、30年来成長しない経済・上がらない賃金、深刻な少子化や将来不安しかない年金・・・

今すぐ有効な手を打たなければならない問題が、目の前に山積みです

しかし肝心の政府自民党・岸田首相は「検討士」と揶揄されるほど「検討」すれど一向に対策を打ち出しません

では、野党第一党である立憲民主党に期待できるかと言えば
物価高の原因は円安だとし「金融緩和をやめて金利も上げろ」と主張する始末・・・

今は長年横ばいが続いた経済がコロナ危機でさらに弱ってしまったのを金融緩和によって何とか下支えしている状況
そこにそんな事(経済に大ブレーキ)をやったら・・・

一時的に多少円安は収まるかもしれないが、日本経済は墜落して大不況に!

日本経済すなわち国力が落ちれば、当然円の価値が下がり、また「円安」に逆戻り
結局、日本経済を悪くして国民を苦しるだけの結果に・・・

しかし、なぜ立憲はこんな主張をするのでしょう?

経済オンチだから分からずに言っている
→そんな人達に政治をやられたら困りますし恐ろしいです

経済にブレーキなのは分かってるけど、参院選である層の支持を取り付ける為に言っている(恐らくこちら)
立憲の年代別支持層のボリュームゾーンは「60代と70歳以上」つまりほどんどが「年金生活者」

年金生活ですから「給料が上がるとか下がるとか失業者が増えるとか」正直関心は薄いと思います
一番の関心事は日々の家計に大きく影響する「物価高」でしょう

立憲としては、とにかくどこよりも「物価高」対策をしていると「60代と70歳以上」にアピールしたいんだと思います

もちろん参院選で政権交代は起こりませんし、はなからそんな気もサラサラありませんから
幸い立憲の主張は100%実現しません

目の前の選挙の為、やりもしない事を言ってでも自身の支持層「60代と70歳以上」にアピールしたいと言う事です

無論、そんな政党に日本が直面する問題を解決できる訳が有りません!

自民もダメ
立憲もダメ

日本が直面する問題に、逃げずに真正面から取り組んでいるのは「維新」だけなんです!

もっと維新が大きくなり、与党自民党に直面する問題に真剣に向き合う様プレッシャーを与える存在にならなければ、何一つこのまま変わりません!

旧文通費の使途公開、また先送りへ 与野党、公開対象で合意できず(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

昨年の衆院選のあと
「1日で100万支給」が話題になり、その存在がこれまでになく注目された「調査研究広報滞在費」(旧文通費)

「月100万円、何に使ったか報告不要、余っても返却不要」

国会議員1人に年間1200万、衆参合わせて713名
トータル【85億5600万円の税金】

しかし、ほとんどの議員が何に使ってるか分からないという、おかしな状態がずっと続いています(いわゆる第2の給料)
(維新は使途を公開している、国民民主は来年から)

与野党は、この6月の通常国会終了までに「使途公開について結論を出す」と約束しました

先行して旧文通費の日割り支給「のみ」決めようと自民が提案しましたが、野党が拒否(特に維新が日割りのみで逃げると激怒)

自民が通常国会終了までに「使途公開について結論を出す」と約束したので、野党が折れて日割り法案が先行成立しました

しかし案の定「調整が難航」し結論が得られないとして「使途公開」は先送りされ
約束は守られませんでした

維新はずっと前から自主的にHPで使途公開しています(国民民主は来年から自主公開予定)
(文書通信交通滞在費|活動情報|日本維新の会)

同じ様にすれば良いだけなのに「調整が難航」する理由が分かりません!

自民だけでなく、本当は立憲も本音は使途公開したくないですから
お互い阿吽の呼吸で、うやむやにしようとしているのでしょう

こんな与野党馴れ合い政治をしている国会が、直面する課題を解決できるでしょうか!

こんな国会をしっかり正す為にも、維新がもっともっと強くなる必要があります!

【京都選挙区】のみなさまへ

くすい ゆうこ」に
是非とも「維新の改革」を託して下さい!

さらなる改革!そして成長へ!

しがらみを断つ
改革断行の為、維新は特定組織・団体の支援は受けません

普通に暮らす一般の方々の支援・応援だけが頼りです!

何とか「くすい ゆうこ」を国会に送って頂きたいです!

既存政党やそれを支援する組織・団体に打ち勝つには、あなたの1票が大きな力になります!

有言実行、真の改革政党、改革が出来る候補

「維新・くすい ゆうこ」の支持が伸びれば、十分2議席目で当選できます!是非とも押し上げて下さい!

どうぞ、よろしくお願いします!